facebook
blog
@line
初診・再診WEB予約
採用情報
よくある質問
問診票ダウンロード
はなみずき皮ふクリニック
初診・再診WEB予約
採用情報
よくある質問
はなみずき皮ふクリニック > 疾患別治療法 > あざ
あざ

生まれつきあざがあり、気にされている方は多いと思います。

当院では、あざ治療の経験が豊富な医師が診療にあたりますので、お気軽にご相談ください。

あざの状態を診させていただき、自然に消滅するものなのか、レーザー治療が必要なものなのか診断致します。

お子様も成人の方も、ほとんどのあざは保険適用での治療が可能です。

特に、お子様の場合乳児医療が適用になり、自治体によっては実質負担がありません。

乳児のあざについて

基本的にあざの治療は保険適用されます。
多くのあざは0歳児から治療が可能ですので、できるだけ早い時期から治療を行う方が効果が得られやすいです。
大きくなってからでは、治療成績が悪くなったり、押さえつけてのレーザー治療が難しくなるため、乳幼児からの治療をおすすめします。

あざの種類

赤あざ

いちご状血管腫
いちご状血管腫は、未熟な毛細血管の増殖により起こります。
生後すぐまたは生後数週間以内に発症し、表面がいちご状に赤く盛り上がるのが特徴です。
発症後、急激に大きくなったあとに、数年かけて徐々に赤みが抜け、退縮します。
自然治癒ため、以前は経過観察することが当たり前でしたが、しこりや痕が残る場合があるため、現在では多くの患者様が0歳で色素レーザーの照射を行い治療します。
単純性血管腫
できるだけ早い、0歳からのレーザー治療をおすすめします。
小さいほどレーザーでの治療の効果が得られやすいです。
盛り上がりのない赤あざで、放置してもうすくなることはありません。
サーモンパッチ
乳児のおでこの真ん中あたりにできる赤あざです。
うすくなっていくこともあるあざですが、稀に成人になっても残ることがあります。
(約半数の方はうっすら残ります。)
ご希望に合わせてレーザー治療を行います。
毛細血管拡張症
加齢により皮膚の毛細血管が弱くなりできる赤あざです。
(若いころから症状があることもあります。)
すぐに顔が赤くなる赤ら顔としても知られています。
保険適用にてレーザー治療が可能です。

青あざ

異所性蒙古斑
おしりにあるのを蒙古斑と言いますが、手足や顔、胸やお腹にあるものを異所性蒙古斑といいます。
ある程度うすくなっていきますが、色が濃いものは成人になっても残りますので、状態によりQスイッチルビーレーザーでの治療を行います。
太田母斑
表皮基底層にあるメラノサイトが真皮層に増加してできる青あざで、三叉神経1.2領域の皮膚(顔の上側)や眼球に見られる場合は太田母斑と呼ばれています。
思春期に出現する場合と、生まれたときからある場合があり、自然消滅することはありません。
しかし、Qスイッチルビ―レーザーもしくはアレキサンドライトレーザーで確実に治療が可能です。
遅発性太田母斑
思春期ごろから両頬、額の左右両端を中心に薄茶色や灰色っぽい斑点状の色素斑が増えてきます。

茶あざ

扁平母斑
カフェオレ斑とも呼ばれるコーヒー様の色素斑です。
生まれたときから存在するものと、成人になってから肩や胸に片側だけ現れるベッカー母斑と呼ばれるものがあります。
悪性化することはありません。
治療開始年齢やあざの場所により、治療成績は異なります。
消えにくいものや、一度消えても再発を起こしやすいあざなので、色々な種類のレーザーを使い、複合的に治療を行います。

黒あざ

色素性母斑
所見が多彩な色素性母斑ですが、母斑細胞の増殖、形態異常を起こした状態を言います。
小さいものはいわゆる「ほくろ」で、幼児期から出来てきます。
大きいものは「黒あざ」と呼ばれ、生まれた時から存在します。
出生時からある黒あざで、特に注意が必要なのは大きなものです。
これは、「母斑症」と呼ばれ、遺伝や他の合併症をもつ疾患であることがあり、専門的な知識や検査が必要となります。
毛が生えているものは「獣毛性色素性母斑」と呼ばれ、悪性化することもあります。
見た目の適応も含めて、気になる方は治療を行うことが可能です。
悪性がどうかの見極めが必要でしたら、検査を行います。
症状により、炭酸ガスレーザーやQスイッチルビーレーザーを使用する治療方法や、手術療法を選択する場合があります。

その他のあざ

脂腺母斑
脂腺母斑は頭にできることが多く、生まれた時にはやや赤みのあり髪の毛が生えない斑状をしています。
年齢とともに徐々に盛り上がっていぼ状になり、茶褐色に変化していきます。
脂腺母斑の上に皮膚がんができる可能性がありますので、ある程度の年齢で切除する必要があります。
頭にできた脂腺母斑は、切除をする際に皮膚に余裕がないため、専門的な工夫が必要になり場合があります。
表皮母斑の場合は、レーザーなどを使って母斑を削り取る手術を行うこともあります。

あざの治療方法

第一選択としては、レーザー治療を行います。 他には、手術による治療(切除・植皮術・エキスパンダー)があります。

はなみずき皮ふクリニックでの治療

各種あざ治療は、適応と判断した後、関連施設である西堀形成外科での治療となります。各種パンフレットを準備してスムーズな連携をとり、先方を予約しますので、スタッフにお気軽にお声かけください。

よくあるご質問

レーザー治療は痛いですか?
輪ゴムではじかれた程度の痛みがあります。
そのため、痛み止めシール・ペンレスをレーザー施術の30分~1時間前に貼り、麻酔効果が出たところでレーザーを照射します。
ペンレスにより痛みは7割から8割抑える ことができます。
レーザー治療は危険ですか?
光を直接見なければ問題ありません。
レーザー後は1~2週間くらいの「やけど」になります。
レーザー光線はレントゲン放射線のように身体の深くまで到達しないため、全身への 影響がありません。
どこからレーザー?
顔、首や服を着ていて露出する部分から優先的に治療することをお勧めします。
濃いあざがあり、露出しない箇所でも気になる方は、お気軽にご相談ください。
レーザー治療の流れは?
①レーザー治療は、概ね3ヶ月に1回の保険適用です。
②レーザー施術の30分~1時間前に痛み止めシール・ペンレスを貼ります。
③レーザー後は軽いやけど状態になります。
 (外用剤を乾くまで塗布してください。)

あざの濃さによりますが、平均して3クールから6クールかかります。
あとは自然経過で肌に馴染んでいくのを待ちます。
治療期間はどれ位かかりますか?
基本的に3ヶ月に一度の治療を、平均して3クールから6クール繰り返します。
治療終了の目安は?
ある程度あざが薄くなったら治療完了です。
あざの濃さによりますが、平均して4~5回以上を1クールとして治療成績を判定します。
あとは自然経過で肌に馴染んでいくのを待ちます。
合併症はありますか?
稀に白く抜けすぎたり、色素沈着があります。
傷跡が残る事があります。
あざが再発することはありますか?また、痕は残りますか?
再発しやすいあざは、茶あざ・黒あさ・赤あざの一部で、青あざや赤あざの一部は、再発することがありません。
しかし、皮膚が正常に戻るわけではなく、ニキビあとやヤケドのあとのようになる場合があります。
乳児の場合、どのようにレーザー治療を行いますか?
押さえつけてレーザーを照射します。
患者様が動かれると、上手くレーザー照射がで きません。
そのため、ご家族にもご協力いただき、固定装置を使用します。
押さえつけは何歳までできますか?
2~4歳くらいまでは押さえつけての治療が可能ですが、3歳以上のお子さまですと力が強く安全にレーザー治療ができないケースもあります。
その場合は、全身麻酔をしてレーザー治療を行います。
小児あざのレーザー治療は、関連施設の西堀形成外科で行います。(全身麻酔を含む)
対象症例は、医師に御相談ください。
乳児の保険適用はありますか?
基本的に自治体によりますが、愛知県では自己負担ゼロであることが多いです。
各自治体により対応が異なります。詳細は、各自治体にお問い合わせください。
予防接種との兼ね合いはありますか?
予防接種の後、1週間経てばレーザー治療が可能になります。
レーザー治療の後は、1週間経てば予防接種が可能になります。
〒480-1157 愛知県長久手市桜作1313
FAX 0561-63-5410
再診WEB予約
問診票ダウンロード
※土曜日は9:00~13:00の診療です
休診日 水曜日・土曜日午後・日曜日・祝日