facebook
blog
@line
初診・再診WEB予約
採用情報
よくある質問
問診票ダウンロード
はなみずき皮ふクリニック
初診・再診WEB予約
採用情報
よくある質問
はなみずき皮ふクリニック > 疾患別治療法 > 円形脱毛症
円形脱毛症

円形脱毛症とは!?

何かの原因で頭部や毛髪がある部位に数センチの円形の脱毛班が発生する疾患です。

人口の0.1%から0.2%の方に起こります。

一般的にはストレスが原因のように思われていますが、それは一つの要因であって、複数の原因が存在することが多いです。(アトピー疾患、甲状腺疾患、尋常性白斑、膠原病、ダウン症候群など)

一つだけのこともあればたくさん発生することもあります。
すぐに落ちつくこともありますが、中には何年も治らずどんどん範囲や数が大きくなることもあります。
自分では気づかずに美容院などで指摘を受けることがあります。
初期から活動期には毛が簡単に抜け、感嘆符毛と呼ばれる特徴的な所見を示します。

治りにくく、繰り返しやすいことも多く、重症になると、眉毛、睫毛、体毛など全身のいたるところの脱毛が生じ、患者さまの精神的負担は大きくなります。

当院では、患者さんの精神的な負担も考え、積極的に複合的な治療を行っていきます。

円形脱毛症の種類

  • 単発型・・・脱毛斑が単発する
  • 多発型・・・複数の脱毛斑がある
  • 全頭脱毛・・・脱毛巣が全頭部に拡大する
  • 汎発型脱毛・・・脱毛が全身に拡大する
  • 蛇行型脱毛・・・頭髪の生え際が帯状に脱毛する

円形脱毛症の原因

円形脱毛症の原因は未だ明らかにはされていませんが、毛包組織に対する自己免疫異常説(自分で自分の毛根を攻撃してしまう)が有力です。

毛包の永久的な破壊はないため、毛が再生する可能性は常にあります。

精神的ストレスが関与している可能性も否定できませんが、少なくともストレスのみが病因とは考えられてはいません。

患者さまの10~30%に家族内発生があるため、遺伝的原因も考えられています。

一般的には数箇所程度までの単発あるいは多発型であれば、1年以内に自然治癒することが多いです。

また、重症化するにつれて治療に抵抗しますが、毛包の永久的な破壊はないため、焦らず諦めないで根気よく治療継続していくことが重要です。

治療は数ヶ月以上の長期にわたり、治療効果が現れるまでにかなりの期間が必要で、治療途中でも症状が再発することもあることを十分理解することが必要です。

円形脱毛症の治療方法

当院では、持続性の円形脱毛症の場合、紫外線治療などを積極的に行います。
小児では、副作用を考慮して、ステロイド内服は原則行いません。

皮膚科光線療法

比較的難治例にも一定数の効果が認められてる治療方法です。

ステロイド局注

持続性の円形脱毛の場合に行います。

内服薬

漢方薬、セファランチン、グリチルリチン、抗アレルギー剤、ステロイドなどを服用して治療します。

処置

液体窒素圧てい療法と呼ばれる方法で治療を行います。

SADBE(サドベ)療法 【準備中】

SADBE(サドベ)療法はまだ多くの皮膚科では行われていませんが、持続性の脱毛症の場合、局所免疫療法として第一選択と皮膚科のガイドラインでもエビデンスのある治療といわれています。
強力な感作物質で感作させた後に、局所に軽度の接触皮膚炎を持続させる方法です。
squaric acid dibutylester (SADBE)を使用して行われています。
要は、わざとかぶれを作ることを行っていきます。
治療の流れ
  1. 腕にSADBEを48時間貼ります。
    (ここでかぶれが起こるため色素沈着のリスクがあります。)
  2. 脱毛部に低濃度のSADBEを塗布します。
    (1~2週間に1度通院での治療です。)
  3. SADBEに対して反応が弱くなったら濃度を上げていきます。
  4. 発毛が認められてからも、3~4 週に1 度SADBEを塗布すると効果的です。
〒480-1157 愛知県長久手市桜作1313
FAX 0561-63-5410
再診WEB予約
問診票ダウンロード
※土曜日は9:00~13:00の診療です
休診日 水曜日・土曜日午後・日曜日・祝日