facebook
blog
@line
初診・再診WEB予約
採用情報
よくある質問
問診票ダウンロード
はなみずき皮ふクリニック
初診・再診WEB予約
採用情報
よくある質問
はなみずき皮ふクリニック > 疾患別治療法 > ほくろ
ほくろ

ほくろの原因

ほくろの原因には、紫外線と外部からの刺激があり、一部の巨大なものを除き、遺伝性のものはありません。


紫外線は、栄養素を体内で合成したり、殺菌する作用があるため、人体には必要不可欠です。
紫外線を浴びると細胞が活性化し、紫外線を吸収するためのメラニン色素が生成されます。
これが「日焼け」といわれる状態です。

しかし、細胞が活性化し過ぎたり、メラニンを生成する細胞が誤作動をおこし、細胞や色素が過剰な状態になると、日焼けを通り越して「ほくろ」ができる原因になります。

紫外線以外の原因には、外部からの刺激によりメラニン形成細胞が誤作動を起こすことが挙げられます。
具体的には、下着や靴と肌が触れ合い摩擦で擦れることが、ほくろの原因になることがあります。
また、仕事や運動で身体の同じ箇所に熱や圧力がかかる場合も、ほくろの原因になります。

ほくろの種類

単純黒子(小さいほくろ)
2mm以下のものが多く、色は薄茶色や黒色があります。
メラニン形成細胞が皮膚の浅い部分で活性化してできます。
色素性母斑(比較的大きいほくろ)
最初は単純黒子と見分けがつきませんが、だんだん大きくなり盛り上がってくる「黒あざ」です。
色は様々で、無色に近いものから茶色や褐色、黒色まであります。
毛が生えるものは「有毛性色素性母斑」、巨大なものは「巨大色素性母斑(獣皮様母斑)」と呼びます。
5mm以上のものは注意が必要です。

悪性のほくろの診断方法

悪性のほくろには、見た目に特徴があり、診断の際の材料になります。
少しでも悪性の疑いがある場合は、病理検査をして確定診断を出します。
それでも疑いが晴れない場合は、当院の医師が大学病院の病理部に出向き、直接診断結果を確認します。
悪性が疑われほくろ
  • 左右非対称
  • できものの境界が不明瞭・不均一
  • 色が均一でない・濃淡にムラがある
  • 毛細血管が浮き出ている・出血しやすい
  • 辺縁がでこぼこしている
  • 隆起している
  • 5mm以上のもの

ほくろの治療方法

悪性の場合
当院では、悪性のほくろは、皮膚悪性腫瘍学会・皮膚悪性腫瘍ガイドラインに沿った治療を行います。
単純に摘出できるものは、当院で早期に切除し、再建します。
がんの治療を手術や薬物治療、放射線治療などで行い、その作用や合併症に対して専門分野のスタッフによる対応が必要な場合は、大学病院や総合病院の専門医に相談します。
良性の場合
レーザー治療や摘出手術により治療を行います。
美容目的も場合は、保険適用にならないため、自費診療になります。

治療にかかる費用

保険適用の場合(大きさで負担料金が変わります)
・1割負担・・・3,500円~5,000円(検査料含む)
・3割負担・・・9,000円~15,000円(検査料含む)

※ほくろの症状などにより金額が異なる場合がございます。

よくあるご質問

治療はどのように行いますか?
レーザー治療と摘出手術があります。
レーザー治療は、レーザーでほくろを蒸散します。
摘出手術は、切り取って縫います。
どちらの方法がお勧めですか?
術後の管理が簡単なのが「レーザー治療」、しっかり取って再発の可能性が低いのが 「摘出手術」です。
施術時間はどれくらいかかりますか?
レーザー治療は1個数分程度、摘出手術は大きさにもよりますが、1個10分~15分程度かかります。
治療は痛いですか?
麻酔の時のみ針の痛みがありますが、それが終われば痛みはありません。
傷跡は残りますか?
レーザー治療の術後は、赤み・しこりが1年~2年くらいで薄くなります。
膨らみ(ケロイド)・へこみ・クレーター・色素沈着が残る場合がまれにあります。
摘出手術は、線の跡が残り、抜糸が必要です。
術後は赤み・しこりが1~2年で薄くなります。
心配な方は手術前にご相談ください。
同じ箇所にまたほくろが出てくる可能性はありますか?
摘出手術もレーザー治療も再発(同じ所にほくろがでてくる)可能性があります。
保険は適用されますか?
単なる美容目的の場合は(5,250円)自費診療になります。悪性診断が疑わしい場合は、保険診療となります。
〒480-1157 愛知県長久手市桜作1313
FAX 0561-63-5410
再診WEB予約
問診票ダウンロード
※土曜日は9:00~13:00の診療です
休診日 水曜日・土曜日午後・日曜日・祝日