facebook
blog
@line
初診・再診WEB予約
採用情報
よくある質問
問診票ダウンロード
はなみずき皮ふクリニック
初診・再診WEB予約
採用情報
よくある質問
はなみずき皮ふクリニック > 疾患別治療法 > 接触性皮膚炎(かぶれ)・薬疹
接触性皮膚炎(かぶれ)・薬疹

接触性皮膚炎(かぶれ)・薬疹とは!?

外からの刺激や抗原(アレルギーの原因)が皮膚に触れることによって発症する皮膚の炎症反応です。

ちょうど接触したところにくっきりと赤みや水泡、丘疹などが出来ます。

発生原因が刺激による刺激性接触皮膚炎と、アレルギーによる アレルギー性接触皮膚炎があります。

一次刺激性接触皮膚炎

刺激の強い物質そのものの刺激や、毒性で起こるかぶれで原因となる物質を触ることで、湿疹を誘発します。

アレルギー性接触皮膚炎

はじめに原因物質に触れると、皮膚の細胞が感作されます。
くりかえしその物質に触れることによって、皮膚の炎症細胞が活発に働き、湿疹を誘発します。
アレルギーというとアトピーと似ているようですが、複雑な要因が混じって発生するアトピーとはことなり、かぶれは原因となる物質を同定し避けることで好転します。
化粧品・外用剤などが原因として多く、植物が原因のこともあります。
アレルギー性皮接触皮膚炎の主な原因物質
  • 植物(うるし、銀杏、アロエなど)
  • 金属(銅、銀、クロムなどの指輪やネックレスなど)
  • 化粧品
  • ゴム
  • シャンプー
  • 衣類(下着、おむつ、手袋など)
  • 外用薬(湿布、軟膏など)

パッチテストとは!?

アレルギーは、原因が不明な場合も多く、パッチテストを推奨しております。

パッチテストは、かぶれの原因となりえる疑わしい物質を皮膚に貼付し、48時間後、72時間後の肌の状態を見ます。
72時間判定(3日後)までは、お風呂に入ることができません。

当院の治療方法

早めに炎症を引かせたい場合は、部位や症状にあったステロイドを湿疹の部分に塗布します。
かゆみに対しては、抗アレルギー薬やステロイドの内服および点滴などを行います。
〒480-1157 愛知県長久手市桜作1313
FAX 0561-63-5410
再診WEB予約
問診票ダウンロード
※土曜日は9:00~13:00の診療です
休診日 水曜日・土曜日午後・日曜日・祝日