facebook
blog
@line
初診・再診WEB予約
採用情報
よくある質問
問診票ダウンロード
はなみずき皮ふクリニック
初診・再診WEB予約
採用情報
よくある質問
はなみずき皮ふクリニック > 疾患別治療法 > 乾癬(かんせん)
乾癬(かんせん)

乾癬とは!?

炎症性角化症の代表的疾患です。

皮膚のターンオーバーが異常に早くなってしまい(通常45日が3~4日になってしまう)、銀白色の鱗屑(ポロポロと薄いかさぶた様の角質が剥がれ落ちる)を伴い、境界がはっきりしたな紅斑が、全身の皮膚に慢性的に出没を繰り返します。

乾癬ができやすい場所

擦れやすい部位(例えば肘、膝、腰まわり、頭皮など)、物理的な刺激を与えることで症状が悪化します。

他人に感染することはありません。

長期にわたって病変の再燃がない、あるいは自然消褪する患者さんもいますので、病状に応じた治療をしていくことが大切です。

痒みは約50%の患者さんにみられます。
爪の変形や関節炎を伴うこともあります。
稀に病変が全身に及ぶこともあります。

乾癬の原因

先天的な遺伝的要因と、後天的な環境要因が絡み合っています。

乾癬の治療方法

乾癬の治療は、症状を悪化させないように、うまくつき合っていくようにすることが大切です。

当院では、最新のナローバンドを導入済みです。
詳しくは、治療機器ページをご覧ください。

軽症の場合

軽症例では、活性型ビタミンD軟膏とステロイド軟膏の外用を基本として、痒みが強い場合には抗アレルギー剤などを内服します。

症状が全身に広がりコントロールが難しい場合

紫外線療法(ナローバンドUVB詳しい説明はこちら)・レチノイド内服のコンビネーション治療を行います。

最重症例

最重症例では、免疫抑制剤(ネオーラル)の内服を行います。
〒480-1157 愛知県長久手市桜作1313
FAX 0561-63-5410
再診WEB予約
問診票ダウンロード
※土曜日は9:00~13:00の診療です
休診日 水曜日・土曜日午後・日曜日・祝日