facebook
blog
@line
初診・再診WEB予約
採用情報
よくある質問
問診票ダウンロード
はなみずき皮ふクリニック
初診・再診WEB予約
採用情報
よくある質問
はなみずき皮ふクリニック > 疾患別治療法 > こどものアレルギーと皮膚症状について
こどものアレルギーと皮膚症状について

食物アレルギーについて

食品や食品添加物の摂取により、体に異常な反応が起こることがあります。
大量摂取によってすべての人に起こる異常は、中毒反応と呼ばれます。

感受性の差により一部の人にのみ反応が生じるもののなかで、免疫反応によって生じるものが食物アレルギーと呼ばれます。

小児の食物アレルギーの原因について、これまでは、乳幼児の消化管は粘膜が発達していないために、うまく消化されなかった食物が体に取り込まれやすく、また、アレルギー反応を防ぐ体の機構も未熟なために生じるのでは、といわれていました。

しかし近年では、バリアが破壊された皮膚に食物が付着することで、アレルギーを生じているのではないかという説も有力になっています。
この新説は、皮膚のバリア機能の問題が先にあって、その皮膚から侵入した食物・花粉などの原因物質(アレルゲン)が免疫を刺激し、その後にアレルゲンが鼻に入ると鼻炎に、気管に入ると喘息になるのではというものです。

食物アレルギーによる皮膚症状

食物アレルギーによる皮膚症状には様々なものがあります。

アナフィラキシーと呼ばれる呼吸器や消化器症状を伴う全身症状の皮膚での部分症状として出現することもあります。

そのほか、じんましん、血管性浮腫、湿疹病変(アトピー性皮膚炎)などが見られます。

これらの症状は、組み合わさって出現することがあり、食物アレルギーの診断を難しくしています。

当院の診断・治療方法 
― アトピー性皮膚炎と食物アレルギー

当院を受診される患者様の多くは、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーの関連を心配して受診されます。

確かに小児の場合、かなりの割合で、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーが関係していると考えられています。
卵、牛乳、大豆、小麦、米、などが原因となっていることが多いです。

アナフィラキシーなどを過去に起こした患者さまでは、原因食物を細かく調べて治療を行っていくために小児の専門医療機関での治療が必要になる場合が多いです。
また、そういった患者さまでは、原因食物を厳しく管理することが重要になっていきます。  

しかし、食物アレルギーと関連したアトピー性皮膚炎においては、まずはしっかりとスキンケアを行うことが重要になってきます。
これは、「バリアの壊れた皮膚から侵入したアレルゲンが、アレルギーの原因になっている」という考えのもと、皮膚のバリアを整えるという目的があります。

保湿剤をしっかりと外用することは、アトピー性皮膚炎による湿疹の予防に有効なことが証明されています。

また、湿疹が生じた際には、ステロイドを中心とした外用薬を用いて治療します。
弱いステロイドを少しだけ使用することはかえって、皮膚のバリア機能を低下させることも分かっています。
適切な強さのステロイドを短期間、しっかり使用することも重要です。

日常生活での注意点

小さなお子さまの皮膚は、薄い・柔らかい・弱い、といった特徴があり、皮膚のバリア機能が未発達な状態にあります。

それに加えて、毛孔や汗腺の密度が高いためとても汗かきです。
さらに、体は丸く、しわができやすいために、汚れやほこりなどを付着させやすくなっています。

そのため、小さなお子さまには、バリア機能が低下した皮膚から、アレルゲンがとても侵入しやすくなっています。
バリアを保つためには、体を洗う石鹸は刺激が少ないものを選び、強くこすりすぎないほうが良いでしょう。

入浴後には保湿剤の外用がとても重要です。
伸びた爪を整えてあげて、かき傷が生じにくくすることも重要です。

また、汗をかいたり、口の周りに食べ物が付着していたら、こまめにおしぼりなどで拭いてあげることも重要です。

赤ちゃんのおむつでは、布おむつよりも紙おむつのほうが、重篤な皮膚炎が生じにくいことが分かっています。
紙おむつをこまめに交換してあげることや、殺菌剤などがはいったおしりふきを使いすぎない、おむつ交換の際に適宜保湿剤を外用することが重要です。
〒480-1157 愛知県長久手市桜作1313
FAX 0561-63-5410
再診WEB予約
問診票ダウンロード
※土曜日は9:00~13:00の診療です
休診日 水曜日・土曜日午後・日曜日・祝日