facebook
blog
@line
初診・再診WEB予約
採用情報
よくある質問
問診票ダウンロード
はなみずき皮ふクリニック
初診・再診WEB予約
採用情報
よくある質問
はなみずき皮ふクリニック > 疾患別治療法 > しみ・脂漏性角化症
しみ・脂漏性角化症

しみの種類と原因

しみの種類は、大きく分類すると5つに分けられます。 また、しみが出来る原因も種類ごとに異なります。  
脂漏性角化症
長年日光を浴びることにより出来るしみです。 手で触れると少し盛り上がりがあり、茶色から黒色のできもののような厚みがあります。
老人性色素斑
脂漏性角化症と同じく、長年日光を浴びることにより出来るしみです。 しみの周囲がはっきりしていて、円形または散在して出来ます。 頬や手など日光にあたりやすい場所に出来やすい特徴があります。
肝斑
女性ホルモンのバランスが崩れることによって出来やすいしみで、20代後半から40代の女性に多く見られます。 目の下、頬、鼻、くちびる、額などに多くでき、べたっとした帯状で境界が不明瞭なのが特徴です。月経不順、子宮筋腫、子宮内膜症などと関連が深いしみです
孔雀斑(そばかす)
頬、目の下、鼻の付け根、口の周りなどに無数に出来る色素斑です。 遺伝が原因であることが多く、中学生や高校生くらいの若年期から現れ、日焼けや加齢により悪化します。
炎症性色素沈着
火傷や傷あとにメラニンが集積し、しみのような状態になってしまうことを指します。

当院の診断・治療方法

しみは、1種類ではなく複数の種類が混在している場合が多く、種類ごとに治療方法が異なるため、専門医による診断を受け、適切な治療をすることが大切です。 当院では、患者様にどのようなしみがあり、どんな治療リスクがあるのかを明確にし、患者様の肌の状態に合った治療のスケジュールを作成します。 現在、しみ肝斑などのレーザー治療は、関連クリニックである西堀形成外科を紹介いたします。 詳しくは、西堀形成外科ホームページをご覧ください。  

しみの種類別治療法

脂漏性角化症
しみが盛り上がった部分に対して手術や電気焼灼で摘出したり削りとったりします。 1~2回の治療できれいになります。 詳しくは、医師にご相談ください。
老人性色素斑
Qスイッチルビレーザーやアレキサンドライトレーザーによる治療がおすすめです。 平均3~4回の治療が必要になります。 関連クリニックの西堀形成外科を紹介いたします。 詳しくは、西堀形成外科 「しみ・そばかす」ページをご覧ください。
肝斑
内服薬と塗り薬による前治療を行い、補助的にQスイッチヤグレーザーによるレーザー治療を行います。 肝斑の治療は、完治まで半年~数年かかるため、焦らず地道に治療を続けていく必要があります。 関連クリニックの西堀形成外科を紹介いたします。 詳しくは、西堀形成外科 「しみ・そばかす」ページをご覧ください。
孔雀斑(そばかす)
しみの数が多いため、孔雀斑(そばかす)のある部分にメラニンを破壊するレーザーを照射し、濃い部分にはQスイッチヤグレーザーやアレキサンドライトレーザーを照射する治療がおすすめです。 治療後をすぐに効果が現れ、肌がきれいになりますが、再発することもありますので、日常のUVケアが大切です。 関連クリニックの西堀形成外科を紹介いたします。 詳しくは、西堀形成外科 「しみ・そばかす」ページをご覧ください。

日常生活の注意点

どのようなしみについても、紫外線予防は必須です。 日頃からUVケアを心掛けましょう!

よくあるご質問

レーザー治療は、はなみずき皮ふクリニックでできますか?
レーザー治療は皮ふレーザー専門施設である西堀形成外科をご紹介いたします。
レーザー治療は痛いですか?
輪ゴムではじかれた程度の痛みがあります。 そこで、痛み止めシール(ペンレス)を治療の30分~1時間前に貼り、麻酔効果がでてからレーザー照射を行います。
レーザー治療は危険ですか?
光を直接見なければ問題ありません。 レーザー光線は、レントゲンのように身体の奥まで届きませんので、全身への影響はありません。
レーザー治療の合併症はありますか?
やけど、赤み、黒み、色素沈着、水疱形成などが起こります。
〒480-1157 愛知県長久手市桜作1313
FAX 0561-63-5410
再診WEB予約
問診票ダウンロード
※土曜日は9:00~13:00の診療です
休診日 水曜日・土曜日午後・日曜日・祝日