facebook
blog
@line
初診・再診WEB予約
採用情報
よくある質問
問診票ダウンロード
はなみずき皮ふクリニック
初診・再診WEB予約
採用情報
よくある質問
はなみずき皮ふクリニック > 疾患別治療法 > 手湿疹・主婦の手荒れ
手湿疹・主婦の手荒れ

はじめに

手にできる湿疹の中には、単なる手湿疹のほかにも掌蹠のう胞症、手白癬(水虫) 接触性皮膚炎などがあり、それぞれ原因や治療方針もことなるため、専門医による見極めが大切です。

手湿疹とは!?

化学性の洗剤や、日常の家事によって受ける刺激やアレルギー、皮脂欠乏によって手のひらや指にかゆみを伴う湿疹ができることです。

特に、皮膚が乾燥する冬場によく起こります。
指の間に赤みが出て、次第にあかぎれとなるパターンや、きめが粗くなり赤みをともない右パターンなど様々ですが、 手のひらだけではなく手の甲にも広がって、かゆみや痛みを伴います。

アトピーやアレルギー、肌の敏感さが原因でおこることも多いため、よくなってからも再発することが多く、手強い疾患です。

よく手で水や洗剤・漂白剤などを扱う主婦・美容師・飲食店員・清掃員などに多くおこります。

当院の診断・治療方法

「手湿疹は主婦湿疹」といわれるように、女性に多いですが、主婦は家事を休む訳にはいきません。

そのため、症状を悪化をさせないように、適切な処置を早めに行うことが大切です。

保湿剤を頻繁に使用して、手の皮膚表面に脂の膜を作り水分を保ち、角質を柔らかくします。
重要な点は、常に外用薬が皮膚に塗布されている状態を維持することです。

炎症や紅斑などが強い場合は、ステロイド外用剤が必要で、かゆみが強いときは、抗アレルギー剤の内服を行います。

手指に亀裂が生じた場合は、ステロイド含有テープ剤を亀裂部に貼り、剥がれやすい場合はテープなどで補強します。

また、ステロイド剤を薄く塗った上にリント布に厚く伸ばした亜鉛華軟膏を貼ったり、ラップで密封する方法もあります。

亀裂部にがばんそうこうを貼っても、過剰の水分が閉じ込められて角質はふやけて症状を悪化させるので、止めたほうがよいでしょう。

よくあるご質問

敏感肌でアレルギー体質なので、通常の洗剤を使用すると常に荒れてしまいます。
日常どのように家事を行えばよいでしょうか?
化学性合成洗剤をマイルドなものにする、手袋をする、こまめにスキンケアをするしてください。
症状に波がある時や、ひどいときは適切にしっかりした治療を行うことをお勧めします。
放置しておいて繰り返しひっかいてしまうと、悪化し悪循環となります。
〒480-1157 愛知県長久手市桜作1313
FAX 0561-63-5410
再診WEB予約
問診票ダウンロード
※土曜日は9:00~13:00の診療です
休診日 水曜日・土曜日午後・日曜日・祝日